Hurt
2014.08.27 発売
UKDZ-0157
レビュー・・・。
自分は、メロディ・歌唱・楽器・アレンジ(編曲)などサウンド面からの感想を。

全曲と思ったけど締め切りが近いので数曲抜粋で。

M02『イカれた~』
サビのシャウトが琴線に触れる。魅惑の声・唱法。
アウトロ8小節にわたって持続するG音のコーラス。切ない。
ビートは演奏しててアガる6/8拍子。色々あるけど 一番興奮するのはハチロクだね。間違いないね。

M09『理想的な~』
声のトーン、発声、唱法、メロディ、全部。cleanと歪み、両ギター。美しい。浮遊感。
抑制の効いたドラム。
6thと9thの音を使ったベースラインと、歌との絡みも良いと思ってる。

M10『宇宙遊泳~』
何度も言うけど。傑作。
アレンジ(構成・アンサンブル)。少しだけ珍しいコード進行。
演奏。ダイナミクスの自然さ。Bメロ・サビで世界が一気に拡がる感じ。
ミックス良かった。釆原さん。
ドラム の躍動感。要所要所で入る3拍裏のスネアが。キックの手数(足数)大盛り。ベースも大盛り。
ギターの音色・アレンジ、無駄が無い。
全体にシンプルでニュアンスのあるメロディ・声。
特にサビの「宇宙~遊泳」のところメロディライン。しかもハモるのは 曲中でここだけ。このセンス。
パワー・高揚感・未来・を感じる。
  
「Share The~」のモードっぽいスケールとか、「Stop~」の変拍子の解釈についてとか
「メビウスゲート」でTalking Headsを連想したとか、
触れたい事はまだあるけど、実はもう締め切りオーバーしてるので。


それでは。

キタダマキ(syrup16g)

コメントを残す

CAPTCHA


“Hurt”のレビュー

  1. ここ数年、Liveをみたり曲を聞いて思う事がある。
    syrup16gって正三角形だなぁと。
    正三角形の三つの点に名前があって、一つ目の点が「心=五十嵐さん」二つ目の点が「技=キタダさん」三つ目の点が「体=中畑さん」だなぁと思っている。
    このバランスがとても繊細。
    世界中のどのバンドにも言える事だけれど、バンドのメンバーが出会って結成するだけでも奇跡であるし尊い。
    けれど、syrup16g程、「尊い」という言葉が似合うバンドって貴重だなぁと思う。
    本当に、尊い。