パープルムカデ
2003.09.17 発売
COCA-50736
16年前のある朝、
ツアー先のホテルのベッドの中で何かがモゾモゾと体に触る感触で目を覚ましました。
恐る恐る布団をはいでみるとそこには毛だらけの大きな虫が這っていたんです。。。!
ぞっとするよね。。。どんな虫だったか名前も知らないけども。
そのホテルにクレームを言う訳でもなくメンバーにそっと朝のさわやかな話題として提供しました。

「パープルムカデ」のレビューを書くにあたり
久々に聴き返していたらそんな事があったなぁなんて思い出しました。
レビューというよりは個人的な感想みたいなモノなので皆さんには好き好きに聴いてもらえたらと思っています。

「パープルムカデ」:今でもライブで頻繁に演奏されるもはや代表曲という印象。(ライブは頻繁にはやっていませんが)曲中の変拍子とかテンポチェンジとか不思議でイビツなんだけど、そうでなければいけない曲かと思っています。どうやってこのアレンジに辿り着いたのか覚えてないなぁ。気がついたらこうなってました。

「(I’m not) by you」:個人的に1位、2位を争う程好きな曲。寂しさが綺麗に響いてて好きなんです。あまりライブでは演奏されませんがもし演奏する時はがっちゃんとキタダさんと俺の3人だけの空間で演奏できたらなと思っています。意地悪な事言ってごめんなさい。

「回送」:ドラムだけで言うと初の打ち込みリズムとの融合に技術的に拙く飲み込まれまくった曲。今ならもっと上手く演奏できるか。も。後に「Mouth to Mouse」というアルバムに同曲のバンドだけの演奏バージョンが収録されますがその時の俺の演奏はリードを外してもらった犬のように駆けずり回っています。でもドラムの演奏はやはりバタバタしている印象。

「根ぐされ」:史上最長(8分)の曲。ひょんな事から録音とミックスをズブの素人である私が担当しました。マンションの一室でがっちゃんと2人篭って録音したのを憶えています。自分の拙さで残念な音質になってしまい心苦しくもありますが貴重な瞬間が残せたような気もします。残念ながらライブではまだ演奏した事がないのですがもし演奏したとしてもこの曲は弾き語りなので俺の出番は無いんです。あしからず

そうそう、「パープルムカデ」のタイトルについて当時がっちゃんに「何でムカデなの?」と訊いたら「ダイキちゃんのベッドにムカデがいたって言ってたから」との事でした。


中畑大樹(syrup16g)

コメントを残す

CAPTCHA


“パープルムカデ”のレビュー

  1. 先日のライブで初めて根ぐされのバンドバージョンを聞きました。
    というかライブ自体が初だったので、どの楽曲が珍しいかという情報は後から知ったのですが。
    アンコールが一曲終わるごとに前へ前へ、もっと近くで聞きたくなり心と体が自然と動いていました。
    ホールの真ん中に辿り着いたところ、演奏が始まりました。
    聞いたことある曲が知らない立体感を持って迫って来ました。
    ベースの音が体の中から響くほど、浴びるように聞きました。
    まさしく音浴と呼べる体験でした。
    何度も聞き返して追体験したいので、バンドでの演奏が収録された盤の発売を待っています。

  2. 五十嵐の詞は
    スッポリと自分の中に収まるというか
    ピッタリハマる詞がある。パズルのピースみたいに。
    人は言葉を組み立てて思考する動物だから、よく分からない感情も言葉におこせるとスッキリする、気づいてなかった
    感情も、詩でああそうだよな、と
    納得出来たり。それがよくあるシロップ。I’m not by you 好きだな

    諸事情でライブ行けない人間用に
    オンラインに再期待。

    たまにさり気に社会問題に一瞬触れてるみたいな歌詞も、いいっす。