delayed
2002.09.25 発売
COCP-50699
僕の学生時代はsyrup16gの音楽と共にありました。
出会いは兄に押しつけられるように渡された一枚のMDでした。
ドヤ顔の兄を尻目に半信半疑で再生ボタンを押すと流れてきたのは『delayed』の1曲目センチメンタル。
「通信簿に書かれたよ 協調性に欠けてます 」、「真空管の音が好き 高校生になったら部屋で毎日ギター弾いてた」
オレのことじゃん!笑
江沼少年の心を鷲掴みだった。
「でも心が痛い たまに届かなくて ひどい時は泣いて いいね もう」
衝撃的だった。歌詞も、曲全体の張り詰めた緊張感も。
当時クラスでは、なんだか身に覚えがないのに応援してくる音楽や、やたらと恋をしている人たちが高らかに歌うみたいな音楽が流行っていたが、僕にはシロップの方が全然しっくりきた。シロップの音楽の方がリアルだった。
登下校の時も、休み時間も、授業中でも聴いていた。
担任の先生にMDを没収されてもCDウォークマンで聴いていた。
ちなみにそのMDを未だに返してもらってない。僕は先生を恨んでいる。。。
水色の風だって大好きだ。コーラスも素晴らしい。
サイケデリック後遺症も、落堕もRebornだってこのアルバムに入ってる。最高かよ!
そんな江沼少年は数年後、キタダさん、中畑さんと一緒に仕事をさせてもらえることになるわけだが、お二人にこんな話をしたことがない。
どうかこのコメントをシロップのメンバーが見ないことを願う。
なんか照れくさいから。


江沼郁弥

コメントを残す

CAPTCHA


“delayed”のレビュー

  1. Copy、coup d’etat、HELL-SEEと比較して、目立たないというか、刺さってこないアルバムだと思っていた。センチメンタルとRebornがいいかな、くらいで。で、mouth to mouseとかdelayedeadも含めてアルバムが出揃って、四六時中Syrupを聴いてた中にあってはこのアルバムの存在感はそこまででもなかった。のだけれど。
    確かその日は旅行で知らない土地に一人でいて、多分気分が少し違ったんだと思う。ひとしきり他のアルバムを聴き終わって、流れでこのアルバムを聴いたときに鈍い衝撃を受けた。多分、are you hollow?の時だったと思う。このバンドは、嘘が無いだけじゃなくて、優しくて、周りと向き合っている。そして、だからこそ厳しくて、辛い。
    それから旅行そっちのけで全アルバムを聞き直した。頑張らなきゃいけないな、と、思った。

  2. 初めてシロップ16グラムに出会ったのがこのアルバムで、音楽に漠然とした潤いを求めいていた頃だった。どの作品も素晴らしいが『delayed』はどこか異彩を放っている。この作品に感じる「ポジティブでもネガティブでもない希望」みたいなものは未だ胸に突き刺さる。

  3. 「キミのかほり」は、syrup16gを聞き始めて、一番最初にハマった曲。
    自分の空想の中だけにある、明るい川辺にでも連れて行かれるような気持ちになる。そこでは昼間でも横たわって居ていいんです。
    自意識過剰が溶けて、自分の実体も消えて、ただの香りになっていくような感じを一瞬味わえる、五十嵐さんのファルセットが気持ちいい。

    「センチメンタル」は、今でも頭がおかしくなるくらい癒される。なんなんでしょう、この曲は。

  4. 私がsyrup16gと出会えた作品です。
    センチメンタルは特に好きな曲で、毎日通勤のときに聴いています。
    五十嵐さんの内面に蓄積された感情だったり、物事に対する考え方がどうしようもなく好きです。
    今までどれだけsyrup16gの曲、歌詞に救われたかわかりません。辛い時にかけられる優しい言葉より、私にとっては五十嵐さんの言葉が必要です。これからもずっと変りません。
    このアルバムに出会えて、syrup16gに出会えて本当に良かった。
    音楽活動続けてくださって本当にありがとうございます。