delayed
2002.09.25 発売
COCP-50699
僕の学生時代はsyrup16gの音楽と共にありました。
出会いは兄に押しつけられるように渡された一枚のMDでした。
ドヤ顔の兄を尻目に半信半疑で再生ボタンを押すと流れてきたのは『delayed』の1曲目センチメンタル。
「通信簿に書かれたよ 協調性に欠けてます 」、「真空管の音が好き 高校生になったら部屋で毎日ギター弾いてた」
オレのことじゃん!笑
江沼少年の心を鷲掴みだった。
「でも心が痛い たまに届かなくて ひどい時は泣いて いいね もう」
衝撃的だった。歌詞も、曲全体の張り詰めた緊張感も。
当時クラスでは、なんだか身に覚えがないのに応援してくる音楽や、やたらと恋をしている人たちが高らかに歌うみたいな音楽が流行っていたが、僕にはシロップの方が全然しっくりきた。シロップの音楽の方がリアルだった。
登下校の時も、休み時間も、授業中でも聴いていた。
担任の先生にMDを没収されてもCDウォークマンで聴いていた。
ちなみにそのMDを未だに返してもらってない。僕は先生を恨んでいる。。。
水色の風だって大好きだ。コーラスも素晴らしい。
サイケデリック後遺症も、落堕もRebornだってこのアルバムに入ってる。最高かよ!
そんな江沼少年は数年後、キタダさん、中畑さんと一緒に仕事をさせてもらえることになるわけだが、お二人にこんな話をしたことがない。
どうかこのコメントをシロップのメンバーが見ないことを願う。
なんか照れくさいから。


江沼郁弥

次郎 へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


“delayed”のレビュー

  1. 生粋のバンプファンで藤原基央少年だった僕は、水色の風という曲にコーラスで藤原基央が参加しているという情報をネットで嗅ぎ付け、無心でTSUTAYAに行きこのアルバムをレンタルし、syrup16gに出会いました。先ずもって水色の風だけ聴きました。藤原基央全然目立ってねえじゃん!こんだけかよ!と憤りましたね。本当にあほだったと思います。でも当時の僕は、BUMP OF CHICKEN以外の音楽は全部くだらないぐらいのことを本気で思っていたんですよ。それが藤原基央が参加してるから、というだけの理由だけでなんかいい曲だな、悪くないじゃんと、BUMP OF CHICKEN以外ではじめて感じることができて、一週間経って、返却する前に勿体無いから、という思いで一曲目から聴いてみました。はじめは

  2. サイケデリック後遺症は本当にクセになる。異常なほど頭に残る中毒的なメロディが四六時中流れて気付かぬうちに毎日syrup16gを聞いていた。