coup d'Etat
2002.06.19 発売
COJA-50695
2002年6月にメジャーデビュー作として発表された『coup d'Etat』
後にも先にも、同年代の日本のバンドの作品からここまでの衝撃を受けたことはないと思う。
Syrup16gとの出会いは2000年頃、新宿JAMというライブハウスで、動員も100人に満たない小さなイベントでの対バンだった。
下北沢のハイラインレコードで売られていたインディー音源のカセットテープで、楽曲を聴いたことはあったけれど、ライブを観るのはその日が初めてだった。
内省と諦念感、そこに緊張と狂気が入り混じる、異様な存在感に魅力された。
濁っているのに美しくて、壊れそうで、こんなバンドには出会ったことがなかった。
楽屋で話すと、メンバーお三方とも意外に穏やかで柔らかな人柄が印象的だった。
当時の下北沢界隈のバンドシーンに馴染めない捻くれ者だった僕は、五十嵐さんを先輩として慕うようになり、インディー時代は何度かライブに足を運んでいた。
アッパーな曲は演りたくないと言って、座ってライブをやっていた時期もあった。
それからしばらくして、2002年のメジャーデビュー前後頃、Syrup16gというバンドのスイッチが確実に切り替わるのを目の当たりにした。
このバンドが日本の音楽を変える予感がした。
『coup d'Etat』というアルバムの中に表された圧倒的な才能は、想像を超えるものだった。
メロディ、コード、アレンジ、意表を突く曲の展開は、実験的という言葉では片付けられない絶妙な可能性で成り立っていて、その上で攻撃的に歌われる言葉は、日常や現実を独特な角度の目線と感覚で切り取っていて、過去に誰かが歌ってきた何にも似ていなかった。
同調や集団意識に矛盾を感じ、辟易して孤立してしまいそうな人達にとって、シロップの音楽は心の拠り所となったはずだ。
「神のカルマ」「天才」などの激しい曲にも胸を熱くしたけれど、僕は特に「ハピネス」という曲が好きで、今も時々聴き返してはあの頃の気持ちを取り戻す。
ねえ そんな普通をみんな耐えてるんだ
ねえ そんな苦痛をみんな耐えてるんだ


ホリエアツシ(ストレイテナー)

コメントを残す

CAPTCHA


“coup d’Etat”のレビュー

  1. 色々と救ってくれた(勝手に救われた)曲はあるけれど、その中で一つだけ書くとしたらと思ったらこのアルバムだと思った。
    10年ほど前か、このアルバムを聞いてこんなものがこの世の中に存在してくれていたと感謝した。
    ハピネスや幽体離脱で自分の中にあったわだかまりが言葉になっていく錯覚を覚えた気がする。
    汚れたいだけはカタルシスの塊だった。泣きそうでもあったし、すべての感情が流されていくようでもあってなんだかよく分からないが、得心が行った気がした。最後のピアノがまた秀逸だと思う。
    今でも他のアルバムを何度も何度も聞くが、これは特別なんだろうと思う。
    最後に、syrup16gに出会うきっかけになったアジカンの後藤氏とsyrup16gの佐藤氏を含む皆様にお礼を言いたい。ありがとうございます。これからもお世話になります。

  2. ホリエテナーさんのレビューが素晴らしくて、言葉を足すのが憚られますが…
    立ち位置をここと決めて、宣戦布告したようなアルバムだと当時思いました。安易な愛のない海の底から、自我と人の心を歌うんだな…と。高校生のときは手首、天才、ソドシラソが好きだったけど、時間が経つにつれてハピネス、汚れたいだけが愛おしくなり。電車の窓をこする夕日。ほんとに黄昏時の電車に座って聴くと心地よい。終電も終わって、誰もいない大学のキャンパスで聴く汚れたいだけは、本当に静かで、広い。
    再発@国際フォーラムでハピネスを聴けたときは本当に嬉しかったです。

  3. 「脳が思考の停止を 始めたら そこから 何か落とした 探してみたってもう 見つけられるのは 自分の手」って、誰かそんな歌詞思いつく?洋楽を基本にしつつ、言葉の選び方、響き方、そして歌い方で(ある一定の)日本人の感性を刺激し覚醒させ、同時に抜群の楽曲センスで「天才」であることを完全証明しきったアルバム。全部まとめると「coup d’Etat(クーデター)」だよ?誰かそんなタイトル思いつく?2002年の夏に聴いて、一撃でファンになったことを思い出す。何人かの皆さんが書かれているのと同様、どうして出会えたのか、不思議な引力に導かれたような、まあ「考えるな、感じろ」ってことだったんだな。これは確かに「自分だけ」の特別なバンドの特別なアルバムである。同じことを考えている人も多いのではないだろうか。おそらくそれは、どの曲も超かっちょいいにもかかわらず、これを聴く人の「情念」をことごとく浄化してくれるからに違いないと見ているんだけど、どうかな?そして気づいたら、緩やかな連帯が生れているみたいな?根拠を示せと言われたら困るんだけど、強いて言えば、聴けば絶対にカタルシスを感じるってこと。(ある一定の)日本人で良かったと。できるだけ感じてみた結果、syrup16gというバンドの本当の存在意義とは、実はそんなところにあるんじゃなかろうかっていうことを思った次第です。最後は考えちゃった。