coup d'Etat
2002.06.19 発売
COJA-50695
2002年6月にメジャーデビュー作として発表された『coup d'Etat』
後にも先にも、同年代の日本のバンドの作品からここまでの衝撃を受けたことはないと思う。
Syrup16gとの出会いは2000年頃、新宿JAMというライブハウスで、動員も100人に満たない小さなイベントでの対バンだった。
下北沢のハイラインレコードで売られていたインディー音源のカセットテープで、楽曲を聴いたことはあったけれど、ライブを観るのはその日が初めてだった。
内省と諦念感、そこに緊張と狂気が入り混じる、異様な存在感に魅力された。
濁っているのに美しくて、壊れそうで、こんなバンドには出会ったことがなかった。
楽屋で話すと、メンバーお三方とも意外に穏やかで柔らかな人柄が印象的だった。
当時の下北沢界隈のバンドシーンに馴染めない捻くれ者だった僕は、五十嵐さんを先輩として慕うようになり、インディー時代は何度かライブに足を運んでいた。
アッパーな曲は演りたくないと言って、座ってライブをやっていた時期もあった。
それからしばらくして、2002年のメジャーデビュー前後頃、Syrup16gというバンドのスイッチが確実に切り替わるのを目の当たりにした。
このバンドが日本の音楽を変える予感がした。
『coup d'Etat』というアルバムの中に表された圧倒的な才能は、想像を超えるものだった。
メロディ、コード、アレンジ、意表を突く曲の展開は、実験的という言葉では片付けられない絶妙な可能性で成り立っていて、その上で攻撃的に歌われる言葉は、日常や現実を独特な角度の目線と感覚で切り取っていて、過去に誰かが歌ってきた何にも似ていなかった。
同調や集団意識に矛盾を感じ、辟易して孤立してしまいそうな人達にとって、シロップの音楽は心の拠り所となったはずだ。
「神のカルマ」「天才」などの激しい曲にも胸を熱くしたけれど、僕は特に「ハピネス」という曲が好きで、今も時々聴き返してはあの頃の気持ちを取り戻す。
ねえ そんな普通をみんな耐えてるんだ
ねえ そんな苦痛をみんな耐えてるんだ


ホリエアツシ(ストレイテナー)

コメントを残す

CAPTCHA


“coup d’Etat”のレビュー

  1. 「coup d’Etat」からsyrup16gの世界に入り込んでいきました。そういう思い入れのあるアルバムです。中学生の時でした。このアルバムはもちろん他アルバム楽曲も、あの頃はバスに揺られながら、夕日に染まる町を歩きながら、夜窓の外を見ながら、大人になった今は家で寝そべってイヤホンつけて目を閉じて、何度も何度も聴きました。
    「遊体離脱」を聴くと、中学生時の感覚の端っこに今でも触れることができます。私は個でありながら、世界という全体にごちゃ混ぜにされて、何かが希薄になっていきそうになるのを感じつつ、しかし結局どうしようもなく私でした。そしてとても苦しくて悲しかったのに、とても美しいと思いました。その美しいと思えた感覚を持って、生きている気がしたんだと思います。
    syrup16gの楽曲はあまり人と語り合うものではないかもしれません。詞を聴いて思い起こす状態や状況瞬間はそれぞれが特殊に個人的でむしろ噛み合わないことがあるのではと感じています。でもsyrup16g、五十嵐さんの体験のその中に見えた感情がカタチとなって聴かせてもらえたことが、その楽曲に同調し聴き込む人たちがいるということが、十分すぎるほどの共感だと感じています。
    多分これから年老いても、認識させられた感覚は人生の中に存在し続けるんだろうなと思います。出会えてよかったです。

  2. 2003年頃、中学2、3年の時に近所のゲオで奇跡的に見つけてレンタルし、ミルキーペンっぽいこってりしたオレンジ色のMDにダビングしてたまに聴いていました。基本はトップチャートをまさに消費するように聴いては消して聴いては売ったりあげたり捨てたりしていましたが、クーデターは27年経った今まで変わらず定期的に聴いています。
    「中毒性がある」なんて語り草で捉えたくない感じ。落ちたいときに落ちまくってやりたいとかめっちゃ無になりたい時に聴く事が多いかな。
    この2000年代あたり、やたらセンチメンタルを巣窟にしたバンドやらシンガーがやたらめったら有象無象に出てきたように思う。そんななかでシロップのこのアルバムが出てきた事が幸か不幸かって感じだ。
    皮肉めいてるようで素直くさい歌詞とV系にコクトーツインズぶつけたようなサウンドが、ふっきれまくってる最中と同じドーパミン数値を叩き出してくれる。
    ナルシズムの極点。俺はこんなアルバムをどんなやつに勧めればいいかわかんない。