HELL-SEE
2003.03.19 発売
COCP-50704
「HELL-SEE」によせて

この作品の中でも

人は、努力して人間性を獲得していく。

そして、この作品の中では

世界に“解決”というものはなく、あるのは保留という選択も含めた“決断”だけである。

なぜ“解決”がないか、それは、そもそもそこに“問題がない”からである。

世界や自分に期待せず、買い被らない。見くびることもなく、軽蔑もない。
_______________________

今が永遠に続いたらいいのに、という青春のクリシェは、時に来世を迎えても逃れることができない呪いのようなものを想起させる。
_______________________

人は、努力して人間性を獲得していく。これが何なのかも知らないまま人生は始まり、結局何もわからないままに人生は終わる。

目に見えず、耳に聞こえず、触れることもできない、あるのかないのかわからない何か。

その何かを“在る”と信じ、言葉を発し、振る舞い、生きる。これを宗教と言います。
人間がよりよく生きようとする時、そこには宗教的な行動が付いてくる。平和、愛、自由、なんでもいい。
_______________________

syrup16gの中でも、特に「HELL-SEE」は、いま聴かれるべき作品だと思います。
この15曲を聴いた後、ほんの些細なことでもいい、あなたは何かしか“決断”をし、それを実行する。
形は変われど、美味しいお蕎麦屋さんに行く“今度”がやってくる。
もう、未来は変わり始めている。


小林祐介(THE NOVEMBERS)

コメントを残す

CAPTCHA


“HELL-SEE”のレビュー

  1. 初めてsyrup16gを聴いた時、ようやく理解者に出逢えた様な気がした。
    それ以来、行き詰まった時には決まって思い出した様にアルバムを再生する。
    毎日良い事も悪い事も大概だが、こうして優しく寄り添ってくれる音楽がある限り、何とかやっていける様な気がする。

  2. このレビューサイトが発足されて二年、今更書き込みます。
    HELL-SEEは私が初めて手にしたsyrup16gのCDでした。レンタルで借りたものでしたが、そのジャケットから滲み出る薄闇っぽさから、一体どんな暗い雰囲気の曲が揃ってるんだろうと思った印象があります。中を開くと、よく分からないへる氏ーという謎の落書きがデザインされてたり、それがただ斬新というか、単にこのバンドは暗いだけじゃなさそうだと感じました。CDを再生して、シンプルにかっこいいロックだったり、暗さ全開みたいなじめっとした気分になるような曲だったり、明るくリズム感ある曲だったり、優しげでスッと心に馴染むような曲だったり、切ないバラード調だったり、それぞれいろんな違いを持った15曲に感じました。割りとこんなに聴きやすいバンドなんだなと思いながら聴いてた記憶があります。言葉遊びみたいな歌詞や、トラック5と6の雑っぽいけど自由な感じ。こんな歌い方もあるんだと少し面白かったり。聴いたら気が滅入ってしまう曲も正直あって、それはよく飛ばしちゃってたけど。
    当時は他に夢中になってたバンドがあったので、syrupに対しては今ほど情はなく少し聴く程度でしたが、それでもどこか自分の中で印象付けられた一枚だったと思います。
    その頃を振り返りながら聴いたりする現在、音質から感じられる当時の匂いがありつつも色褪せはしないし、逆に色濃くなっていってます、私にとって。
    syrup16gの音楽はどれもこれも名曲ばかりですが、HELL-SEEは改めて名盤です。
    音楽雑誌で彼らを知り、近所のレンタルビデオ屋で唯一置いてあったこのCDに触れ、そして年月かけてとても大事な音楽となって本当によかった。
    syrup16gありがとう。
    合わせて五十嵐さん、誕生日おめでとうございます。

  3. syrup16gの音楽を聴くようになったのはつい最近で、まだ1年ぐらいしか経っていません。このアルバムは、昨年の大晦日に購入したばかりです。
    購入前に音楽配信サイトで試聴したときは、イントロだけ聴くと似たような雰囲気の曲が多いという印象で、歌詞を見ても「なんだこれ」と思ってしまい、あまりピンときませんでした。しかし、いざ購入して聴いてみると見事にハマりました。
    ローラーメットの「アホ面だ ヅラ」など、一見ふざけているように思える歌詞も、優れたメロディーが合わさることにより不思議といい曲に聴こえてきます。
    全体的に不穏なアルペジオの曲が多いですが、その雰囲気にいつの間にか中毒になっています。
    特に終盤に収録されている「シーツ」や「吐く血」が重い内容で、シーツを聴いていると、病院のベッドに横たわっている五十嵐さんが目に浮かんできます。
    しかし、最後の「パレード」は光が差し込んでくるような感じで、このアルバムにおいて重要な役割を担う曲だと思います。
    意識的に聴こうとしなくても、また聴きたくなって何回も聴いてしまう。こういったものが、本当に良い作品なんだと思います。