HELL-SEE
2003.03.19 発売
COCP-50704
「HELL-SEE」によせて

この作品の中でも

人は、努力して人間性を獲得していく。

そして、この作品の中では

世界に“解決”というものはなく、あるのは保留という選択も含めた“決断”だけである。

なぜ“解決”がないか、それは、そもそもそこに“問題がない”からである。

世界や自分に期待せず、買い被らない。見くびることもなく、軽蔑もない。
_______________________

今が永遠に続いたらいいのに、という青春のクリシェは、時に来世を迎えても逃れることができない呪いのようなものを想起させる。
_______________________

人は、努力して人間性を獲得していく。これが何なのかも知らないまま人生は始まり、結局何もわからないままに人生は終わる。

目に見えず、耳に聞こえず、触れることもできない、あるのかないのかわからない何か。

その何かを“在る”と信じ、言葉を発し、振る舞い、生きる。これを宗教と言います。
人間がよりよく生きようとする時、そこには宗教的な行動が付いてくる。平和、愛、自由、なんでもいい。
_______________________

syrup16gの中でも、特に「HELL-SEE」は、いま聴かれるべき作品だと思います。
この15曲を聴いた後、ほんの些細なことでもいい、あなたは何かしか“決断”をし、それを実行する。
形は変われど、美味しいお蕎麦屋さんに行く“今度”がやってくる。
もう、未来は変わり始めている。


小林祐介(THE NOVEMBERS)

コメントを残す

CAPTCHA


“HELL-SEE”のレビュー

  1. 五十嵐がいつかのインタビューで言っていた。

    シロップは希望を歌っている。

    大人になって、社会に幻滅して、生きる価値を見出そうとして、そんな時にHELL-SEEを聞いてその五十嵐の言葉が本当の意味で理解出来る。

  2. 今年の2月ぐらいに、中古屋で150円の値がついていて、前から気になっていたこともあり買ってみた。「イエロウ」のサウンドから鳥肌がたった。そして1曲目の出だしのくせに「さっそく矢のように やる気が失せてくねぇ」というバカバカしさに衝撃を覚えた。
    その後、受験生へとなった俺は、ストレスが溜まるたびにsyrup16gのアルバムを棚から手に取り、CDプレーヤーの音量を上げて外界からの音をシャットダウンしてから聴いています。結果を求められている時の「明日の敵なんて知らなくなっていい」はとても身に染みます。
    こないだ、ART-SCHOOLのライブのゲストにsyrup16gが出演すると知って、なんとしてでも行こうと一次先行を応募したら、まさかの当選。もうすぐ生でsyrup16gを観れると思うとすごく楽しみです

  3. 何故この作品だけ音質が悪い(音圧が低い)のだろうか?
    と、買った時点(2006年頃)では不思議に思っていたけど、アナログ盤に付いた解説を読んでようやくその背景を知る
    私は小遣いも無い学生だったので、実際の音を聴くよりも先に解説やレビューを読んで作品を知る事の方が多かった
    『HELL-SEE』の場合はその逆パターンといったところか

    「正常」の歌詞はしょっちゅう頭に浮かぶのですが、20年経って随分と「正常」では無い事が増えたなあとは思いますね
    荒野に転がり冷たくなるのは、「正常」かどうかすらも考えられなくなった人間と社会の末路だと認識

    曲として一番好きなのは「シーツ」かも
    この作品を聴いたおかげか、The Policeも聴き出したりと思い出す事は多いですね

  4. 五十嵐さん50歳の誕生日にこのアルバムのライブで初めて見ることができました。
    初めて知った時にはすでに活動休止中だったのに、こんな日が来るんですね