HELL-SEE
2003.03.19 発売
COCP-50704
「HELL-SEE」によせて

この作品の中でも

人は、努力して人間性を獲得していく。

そして、この作品の中では

世界に“解決”というものはなく、あるのは保留という選択も含めた“決断”だけである。

なぜ“解決”がないか、それは、そもそもそこに“問題がない”からである。

世界や自分に期待せず、買い被らない。見くびることもなく、軽蔑もない。
_______________________

今が永遠に続いたらいいのに、という青春のクリシェは、時に来世を迎えても逃れることができない呪いのようなものを想起させる。
_______________________

人は、努力して人間性を獲得していく。これが何なのかも知らないまま人生は始まり、結局何もわからないままに人生は終わる。

目に見えず、耳に聞こえず、触れることもできない、あるのかないのかわからない何か。

その何かを“在る”と信じ、言葉を発し、振る舞い、生きる。これを宗教と言います。
人間がよりよく生きようとする時、そこには宗教的な行動が付いてくる。平和、愛、自由、なんでもいい。
_______________________

syrup16gの中でも、特に「HELL-SEE」は、いま聴かれるべき作品だと思います。
この15曲を聴いた後、ほんの些細なことでもいい、あなたは何かしか“決断”をし、それを実行する。
形は変われど、美味しいお蕎麦屋さんに行く“今度”がやってくる。
もう、未来は変わり始めている。


小林祐介(THE NOVEMBERS)

コメントを残す

CAPTCHA


“HELL-SEE”のレビュー

  1. 結局、このアルバムだ。これだけあれば良い。
    「月になって」。多分、世界で一番甘いイントロ。
    まさにシロップを一気に飲み干すような、むせるほどの甘さ。だから聞くときは深呼吸が必要。

    全部の作品、全て至高だ。その中でも、個人的にはシロップのベスト。
    もう一回書くけど、僕にはこれだけあれば良い。このバンドがあれば良い。

  2. 私が20代前半の頃、自分の嫌な部分を変えられず何もかもがうまくいかなかった時、大好きな音楽を聴くことさえできなくなってしまいました。
    数ヶ月が経ち、何の気なしにiPodをシャッフルで再生していたが、やはり心が動くこともなく時間が過ぎて行きました。
    しばらくそんなことを続けていると、いつ購入したかもわからない「HELL-SEE」の「正常」が流れてきました。
    久しぶりに全身に血液が運ばれていくような興奮を覚え、狂ったようにリピートして心を取り戻すかのように聴きました。
    変えられない自分に絶望していましたが、じゃあ〝なりたい自分〟がこの作品を聴いて同じような感覚を得られるのか?と考えた時
    ほんの少し、嫌いな自分を受け入れることができたような気がします。

  3. 1500円で15曲。当時貧乏で学生だった自分にはありがたかった。生活に余裕はないけど、生活を続けるためには音楽が必要だった。
    30代行くまで生きてた。掃除炊事洗濯が趣味になった。美味しいお蕎麦屋さんも見つけた。寂しさは今も売るほどあって、もう遅いかねぇ、と思いながら今日もまだ生きている。パレードが終わるまで、生活は続く。シーツ、ライブで聴きたい。

  4. 発売日に購入しました。
    美しいアルペジオがあって好きです。
    当時の番組で本人全曲レビューをやっていて、「どの子(曲)も可愛い」「(弦を)全部鳴らしてあげたい」と言った笑顔が素敵な人だと思いました。
    再結成後も、そういう考え方は変わっていないように聴こえています。