COPY
2001.10.05 発売
UKDZ-0004
日本のロックシーンに凄まじいインパクトを与え、今尚色褪せない輝きを放っているシロップ16gのインディーズファーストアルバム。
人間の持つ不条理さや闇を徹底的に見つめながらも、五十嵐の天才的なメロディメイキング、ソングライティングの高さで描かれたこのアルバムは、同時代を生きた俺にも衝撃的な一枚だった。名曲「生活」が収録されているが、どの曲をとってもその質は非常に高く、いま聴いてもまさに名作としか言いようが無いアルバムだ。
異形のスタイルを持ったこのアルバムが産み落とされたのち、熱狂的な支持者と共にシロップはメジャーへの階段へ駆け上っていく。
そういった意味でも、シーンに妖しく輝き属ける金字塔の様なアルバムである。
当時、俺たちはシロップと対バンする機会が多かったが、その当時から凄い狂気と殺気と切なさと、五十嵐のソングライティング能力の高さにはインディーズのバンドシーンの中でも一目置かれていた存在であった。
多くの名曲が収録されている「COPY」。何度も書くが色褪せない傑作である。


木下理樹(ART-SCHOOL)

コメントを残す

CAPTCHA


“COPY”のレビュー

  1. 小学校1年か2年の時、私はsyrup16g の音楽を手にしました。
    手にした、というのは文字通りこのCDをてのひらに置いたことに他なりません。
    ド田舎のあの町まで、どうやって運ばれてきたかは忘れましたが、その日から、私にとってsyrup16gはキラキラした宝物になりました。

    生活と土曜日を何回も聞いて、ひらがなで自由帳に言葉を書き起こしたことを思い出します。
    段々と漢字になって、感情になってゆく景色を得られたことは、とても素敵なことだなあって思います。
    今でも、宝物です。ありがとう。

  2. 彼等の、五十嵐の楽曲は僕らを慰めてくれるものでは決してない。
    僕が彼等の楽曲を聴きたいと感じる時、それはなんだかどうしようもない、アルコールもタバコも身体の温もりさえも僕を助けてくれない、そんなどうしようもない時だ。
    音楽は救いじゃない、誰も僕を、僕達を救ってはくれない。そう突き付けられる音がsyrup16gにはある。
    少なくとも僕はそう感じた。そして今でも感じている。
    耳に響いてくる度に、僕が彼等を望む度に、誰も救わない、自分も救えない、けれども生きているんだよ、そう叫んでいるように感じる。
    感傷も、感情も全部自分のもので、そうやって意地汚く生きている。
    そんな自分が嫌で、でもこういう生き方しかできない。
    冷たさも温かさも、憎悪も愛情も、全部一対だ。
    「君待ち」
    僕も君を待っている。
    真理なんてデタラメだ。
    今日の気分で変わるかもしれない。
    飽きることができない自分を抱いて、僕は今日も明日へ進む。
    勇気なんか持たないで。
    それで良いと教えてもらったから。

  3. CDショップで見つけた、物悲しそうな犬の絵。
    思わずジャケ買い…アタリ! すぐに親友に貸し出し、二人して大ハマり。
    初めてライブを見たのは、十三ファンダンゴ。その後の大阪会場は全て足を運んだ。
    親友はもういなくなったが、COPYを聴くといつも思い出す。
    「生活はできそう?」「それはまだ」