delayed
2002.09.25 発売
COCP-50699
僕の学生時代はsyrup16gの音楽と共にありました。
出会いは兄に押しつけられるように渡された一枚のMDでした。
ドヤ顔の兄を尻目に半信半疑で再生ボタンを押すと流れてきたのは『delayed』の1曲目センチメンタル。
「通信簿に書かれたよ 協調性に欠けてます 」、「真空管の音が好き 高校生になったら部屋で毎日ギター弾いてた」
オレのことじゃん!笑
江沼少年の心を鷲掴みだった。
「でも心が痛い たまに届かなくて ひどい時は泣いて いいね もう」
衝撃的だった。歌詞も、曲全体の張り詰めた緊張感も。
当時クラスでは、なんだか身に覚えがないのに応援してくる音楽や、やたらと恋をしている人たちが高らかに歌うみたいな音楽が流行っていたが、僕にはシロップの方が全然しっくりきた。シロップの音楽の方がリアルだった。
登下校の時も、休み時間も、授業中でも聴いていた。
担任の先生にMDを没収されてもCDウォークマンで聴いていた。
ちなみにそのMDを未だに返してもらってない。僕は先生を恨んでいる。。。
水色の風だって大好きだ。コーラスも素晴らしい。
サイケデリック後遺症も、落堕もRebornだってこのアルバムに入ってる。最高かよ!
そんな江沼少年は数年後、キタダさん、中畑さんと一緒に仕事をさせてもらえることになるわけだが、お二人にこんな話をしたことがない。
どうかこのコメントをシロップのメンバーが見ないことを願う。
なんか照れくさいから。


江沼郁弥

さそり座 へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


“delayed”のレビュー

  1. Are you hollow?が本当にすごく好きで
    眠れない夜にいつも聴いてます。

    どうしようもないくらい優しいメロディと
    無力感に覆われた救いのない歌詞にいつも救われてます。
    私にとってかけがえなのない大切な曲です。

  2. 落堕の歌詞をちゃんと知らないままずっと聞いてて、つい最近歌詞付きの動画を見て、爆笑しました。
    サビで、明日熱出そうって。
    最高だなあ。

  3. 水色の風聞いた瞬間「この人やっぱ天才なんだ」って思った。こんな幻想的な曲を作っちゃうセンスは真似できない。

  4. 「delayed」は私とシロップの出会いのアルバムだ。
    他のアルバムよりもメロディーの美しさが際立つアルバムでもある。

    五十嵐の作るメロディーは余りにも美しく人の負の感情を肯定して見せている。
    そしてそれがRebornを歌う事によって宇宙大の広がっている事に
    ただただ驚くばかりだったことを昨日のことの様に思い出す。安易な希望など一切挟まないリアルさ。それに一縷の光を射しているのも私にとってはRebornに他ならない。

    リアルとピュアネス。

    私の中でのロックバンドの定義においてこの2つが最も大事な事だとしたらsyrup16ほどそこに妥協しなかったと思うバンドを他に知らない。私が未だに1,2を争うほど好きなアルバム。その中で「Reborn」は永遠にシロップのそしてファンの一条の光だ。

  5. 未発表曲を集めた作品集という位置付けのdelayedシリーズ。その第1弾。
    ここに収められたのはCDデビュー前のバンド初期楽曲群で、”誰かに向けて”とか、”CDにして売る”とか、そんな目的も、他者に見られることすらも意識されて創られていない。視点は全曲バラバラだし、ボンヤリしてるものも多い。しかしその分、メロディにも言葉にも汚れがなく純度は高いし、中毒性も凄まじい。

    視点と言えば。
    「Reborn」の詞は、”当時誰かのことを大切に思っていたわけではなくて、前任ベーシストの佐藤元章氏の恋愛観を書いたものだ”と、過去のインタビューで五十嵐氏が語っていたのを読んだ憶えがある。
    それがどうしてこれほどまでに普遍性を持って、多くの人に愛される代表曲になったのか。
    無自覚とは恐ろしいものだが。彼のソングライティングにおいて重要なキーになっているのは、そういったイノセンスとも呼べる類いのものなのかもしれない。後々の作品やインタビューでの彼自身の苦悶ぶりを目のあたりにしてしまってからだと、尚更そんな風に思わずにはいられないのである。

    ※運営の方へ。
    括弧など、一部の記号で括ると文字が表示されない現象があるようです。その為、訂正して再投稿してます。
    エラーへの対処と、以前の自分の投稿の消去をいただければ幸いです。