静脈
2006.08.23 発売
UKDZ-0052
『静脈』で思い出すのは、syrup16g presents "UP TO THE WORLD #2 静脈"。今は無きSHIBUYA-AXで、リリース直前に行なわれたもの。前日の〈動脈〉と同じで、ほぼ収録順のセットリストで進んでいく。シロップのライヴだが、諦めや絶望のような感情に共感する以上に、このバンドが持つメロディの美しさや、五十嵐隆というソングライターのセンスが前に出ていた記憶がある。『動脈』と『静脈』。この2枚のベスト・アルバムは、この頃ライヴでは毎回のように披露していた新曲を、なかなか音源リリースしようとしない彼らに業を煮やしたところもあるだろうが、ベスト・アルバムという形を取ることで、楽曲の良さ、みたいなものを改めて確認することができた側面がある。もちろんバンドを知るきっかけとしても良かった。しかし!だ。何でライヴの思い出を書いてるかというと、この日のアンコールに出てきた五十嵐が、弾き語りで披露したタイトル未定の曲が忘れられないからだ。この日、観に来るはずだったが来れなくなった父親を思い、昨日徹夜で作った1曲は、死と別離と寂しさが混沌としていて、その個人的な感情だけが突き刺さるもの。こういう彼の生の感情は、ひとりだと圧倒されるだけだが、バンドで鳴らされることによって、強い共感を生んでいく。この曲は後に「夢からさめてしまわぬように」となってラスト・アルバムに収録されることになるが、『静脈』そして『動脈』に収録された楽曲たちと、この弾き語りで感じたリアルの温度差は、五十嵐にとってバンドがどうして必要なのか、それがよくわかるものだった。そう、『静脈』そして『動脈』には、五十嵐とこの世界が通わせている血が脈打っているのだ。


金光裕史(音楽と人)

Yuki にコメントする コメントをキャンセル

CAPTCHA


“静脈”のレビュー

  1. おれがsyrup16gに出会ったのが高3の梅雨の時期だった。
    そんときおれは、なにに対してもやる気をなくして逃げていた。
    そんなとき、たまたまこのアルバムと出会って、ぼけーっとしながらこのアルバムを聴いていた。
    聴きつづけたら、なんだかわからないが活力が湧き出てきた。ちょうど真夏のクソ暑っい時期だった。

    あれからもう8年経ったけど、いまでも「もうダメだ、、、」といった心の具合になると、このアルバムを聴きたくなる。
    とくに1曲目、蒸し暑い満員電車の中でこの曲を聴く。それが今のおれの活力になっている気がする。
    「昨日より今日が素晴らしい。」という事を当たり前のように堂々と言っているこの歌は、今後10年20年30年?、、、いや、年を老いてもおれは聴き続けていることだろう。

  2. このアルバムを手に取ったのは高校3年生の時でした
    将来や勉強や友人関係や恋などティーンエイジ特有のモヤモヤした混沌の中で「逃げ場」になってくれていました
    そんな逃げ場は大人になってからも変わらず、不定期で訪れる憂鬱な気持ちを何度も逃してくれています
    「明日を落としても」で最低な気持ち代弁してもらって「Your eyes closed」で大切な人の顔が浮かぶ
    この流れに何度泣かされたことか
    シロップを知ってすぐに解散が発表され、どうしても一度生の演奏を聞きたかった私は滑り込みでチケットを手に入れ、その日もこのアルバムを聴きながら日本武道館に向かいました
    始めから泣きながら聴き入ってましたがアンコールの「Reborn」の途中で客電がついた瞬間の光景の美しさは10年以上経った今でも脳裏に刻まれています
    友人にこのアルバムを貸したら返ってこず、買い直したのもいい思い出です
    自分の人生を何度も救ってくれてこのアルバムとsyrup16gのメンバーに心から感謝します

  3. 頑張れと励ましたり、頑張ったねと慰めたり、頑張ればいいことがあると言う、元気をくれる曲の眩しさに俯いてしまう私は、syrupの寄り添わないし救いもしない、でも前を歩いて薄暗い中の道を示してくれる、そんなsyrupの曲が何よりも効く精神安定剤でした。
    このアルバムを縋るように聴いてた頃には出来れば戻りたくはないけれど、syrupの曲に出会えたことは人生の誇りです。

  4. 私がこのアルバムを買ったのは、2010の夏の終りでした。
    当時、syrupのアルバムは「COPY」と「coup d’État」しか持っていなくて、ふらっと入った地元のBOOK・OFFで気まぐれにこのアルバムを手にしたことが、syrupとの本当の出会いだったと思います。
    あの頃の私の傷んだ心をどれだけ慰めてくれたかわかりません。
    婚約していた恋人を難病によって失い、その翌年母を末期がんで失い、自分が生きているのか死んでいるのか分からないまま暮らしていた時でした。
    9曲目「センチメンタル」を初めて聴いたときの感情は今でも忘れられません。
    メロディ、歌詞、五十嵐さんの声、バンドの音、全てが、形のない心に直に触れられているかのような感触がしました。
    「センチメンタル」を聴くと、心の形が分かるような気がしました。
    泣くとすべてが崩れるような気がしてずっと堪えていた涙が、この曲を聴くと自然とあふれてきて、泣いてもいいんだって、ずっと泣きたかったのに泣けなかったんだなって気づきました。
    「白けた顔して進め」
    このフレーズをお守りにして、なんとか這いつくばって暮らしてきた気がします。
    五十嵐さん曰く「永遠に痛い曲」、「明日を落としても」を初めて聴いたのもこのアルバムで、とても思い入れの深いアルバムです。
    あの頃の私に心を返してくれたと言っても大袈裟ではない、恩人ならぬ恩アルバムです。

  5. 一番最初に、生活をきいてから ツタヤに走ってレンタルしにいったのがこのアルバムでした!
    しばらく生活だけリピートしてたけど、神のカルマで電流が流れたみたいな衝撃があって、それからずぶずぶぬまにはまっていきました
    中学生の時に行ったライブのことはきっと永遠に忘れません。初めてのライブでした。たのしかったです、とっても。
    Syrup16gのみなさんはわたしにとってずっとずってヒーローです。だいすきです。だいすきです。だいすきです。