HELL-SEE
2003.03.19 発売
COCP-50704
「HELL-SEE」によせて

この作品の中でも

人は、努力して人間性を獲得していく。

そして、この作品の中では

世界に“解決”というものはなく、あるのは保留という選択も含めた“決断”だけである。

なぜ“解決”がないか、それは、そもそもそこに“問題がない”からである。

世界や自分に期待せず、買い被らない。見くびることもなく、軽蔑もない。
_______________________

今が永遠に続いたらいいのに、という青春のクリシェは、時に来世を迎えても逃れることができない呪いのようなものを想起させる。
_______________________

人は、努力して人間性を獲得していく。これが何なのかも知らないまま人生は始まり、結局何もわからないままに人生は終わる。

目に見えず、耳に聞こえず、触れることもできない、あるのかないのかわからない何か。

その何かを“在る”と信じ、言葉を発し、振る舞い、生きる。これを宗教と言います。
人間がよりよく生きようとする時、そこには宗教的な行動が付いてくる。平和、愛、自由、なんでもいい。
_______________________

syrup16gの中でも、特に「HELL-SEE」は、いま聴かれるべき作品だと思います。
この15曲を聴いた後、ほんの些細なことでもいい、あなたは何かしか“決断”をし、それを実行する。
形は変われど、美味しいお蕎麦屋さんに行く“今度”がやってくる。
もう、未来は変わり始めている。


小林祐介(THE NOVEMBERS)

ノラ へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


“HELL-SEE”のレビュー

  1. syrup16gで1枚だけアルバムを出せと言われたら私はこれを選ぶ。
    ‘内省的ロック’なんて巷で括られるバンドは幾らでもあるが、彼等はやはり一線を画している。後続バンドの比じゃない強度。ド級の暗さの中に芯が、強さが、ある。そんな彼等が詰まったアルバムだと思う。

  2. HELL-SEEというタイトルがまさに言葉遊びそのもの。人間の見たくない部分をここまでリアルに表現したアルバムは、これに他ない。

  3. 初めて聞いたのがイエロウ。それから10数年間syrup16gに溺れて。私の歴史そのもの。これからもずっとずっと変わらず愛してます。

  4. 【イエロウ】
    私が人生で初めて聴いた音が、
    イエロウのイントロからの数十秒でした。
    アルバイトが終わって真夜中、
    TVを付けっぱで
    リンビングでぐったりな状態
    何の番組かCMか記憶にないが
    イエロウのイントロが流れた。
    「もうとにかく好きだ」
    「なんのバンドだ」
    「心身が欲してる」
    衝撃が走り、
    コンマ何秒でTVを確認、
    そこで初めて
    「syrup16g 」
    というバンド名を知りました。