HELL-SEE
2003.03.19 発売
COCP-50704
「HELL-SEE」によせて

この作品の中でも

人は、努力して人間性を獲得していく。

そして、この作品の中では

世界に“解決”というものはなく、あるのは保留という選択も含めた“決断”だけである。

なぜ“解決”がないか、それは、そもそもそこに“問題がない”からである。

世界や自分に期待せず、買い被らない。見くびることもなく、軽蔑もない。
_______________________

今が永遠に続いたらいいのに、という青春のクリシェは、時に来世を迎えても逃れることができない呪いのようなものを想起させる。
_______________________

人は、努力して人間性を獲得していく。これが何なのかも知らないまま人生は始まり、結局何もわからないままに人生は終わる。

目に見えず、耳に聞こえず、触れることもできない、あるのかないのかわからない何か。

その何かを“在る”と信じ、言葉を発し、振る舞い、生きる。これを宗教と言います。
人間がよりよく生きようとする時、そこには宗教的な行動が付いてくる。平和、愛、自由、なんでもいい。
_______________________

syrup16gの中でも、特に「HELL-SEE」は、いま聴かれるべき作品だと思います。
この15曲を聴いた後、ほんの些細なことでもいい、あなたは何かしか“決断”をし、それを実行する。
形は変われど、美味しいお蕎麦屋さんに行く“今度”がやってくる。
もう、未来は変わり始めている。


小林祐介(THE NOVEMBERS)

ねじまき へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


“HELL-SEE”のレビュー

  1. アルバムとして聴いた回数が多分いちばん多い作品です。
    リリースからもう16年とは本当に驚きます。
    当時の自分と同じ歳の頃の若く健康なひとがこのアルバムを聴くとどんな感想が生まれるのだろう。
    こんな風にほかの方のレビュー(という名の想い)を目にする機会は少ないので興味深いです。
    当時のわたしは、このアルバムに収録されている曲名そのままのような鬱々とした状態の日が多くて、そんな状態の時ですら耳障りではない唯一の音楽でした。
    いま思うと、わたしはきっとsyrup16gの、五十嵐隆の、患者になりたかったのだと思います。
    医者が薬を出す代わりにシロップが音楽を処方する。
    薬を飲む代わりにこの音楽を聴くことで、これで助かる、救われると安堵したかったのだと思います。
    実際にたくさんの人に向けてその役割を果たされたアルバムなのかと。
    本望ではなかったのかもしれないけれど。
    正直に申しますと、健康な今ではアルバムを全曲通して聴く機会は非常に減りました。
    今でも心に響きすぎるので、引き戻されそうでこわくなるからです。
    1曲としてもアルバムとしても、間違いなくとても素晴らしい作品です。
    syrup16gには一生感謝を続けてもきっと時間が足りないです。

  2. 初めてのシロップはこの作品でした。流行りの音楽は嫌い、周りの友達が聴いている音楽も嫌いだった当時大学生の私は、一曲目のイエロウにどハマりし、通学中と寝る前に必ずこのアルバムを聴いていました。学生寮の狭いベッドに寝転んで聴くシロップは最高でした。綺麗事抜きの歌詞、それに乗るメロディーがこのバンドの魅力なのだと思います。

  3. 当時ここまで私の鬱屈した心情に寄り添ってくれたアルバムは他にはありません。
    はじめは歌詞の内容に衝撃を受けたけど、
    聞けば聞くほどに自分とリンクしている気がして、何度も何度もリピートしては幾度となくこのアルバムに救われてきました。

  4. 月になって、多くの方のレビューにあるようにとても優しい曲。
    その気持ちわかるよ、なんて思い上がりは一切ない。
    わからないけれど、君は何もないけれど、間違ってないと肯定し、ただ側にいてくれる。
    他の名曲に埋もれがちだけれど、本当に落ち込んでいるときにリピートしていたのは月になってだった。
    この機会に多くの人に聴いてほしい。

  5. 初めて買ったSyrupのCD。
    「ex.人間」という知ってる曲が入ってる、という理由で購入した。
    「吐く血」を聴いた時自分を見つけた気がして感銘を受けたことを今でも時々思い出す。